ホワイトなアニメ会社を作りたい!

今のアニメ業界をホワイトに改善したい!全世界にファンがある日本のアニメならできるはずだ!

【けものフレンズ】功労者のたつき監督に何てことをするんだ! Part4

いまやあまり話題になっていないの(というかすっかり忘れられている)けものフレンズ騒動について友人からこんな記事を教えてもらいました。

biz-journal.jp

制作から音響まで自社でやる!

ヤオヨロズさんは自社で完結してアニメを作るのが目標だそうです。私もこの考えにはとても賛成します。というのは他社と連携して作品を作るとなると絶対にコミュニケーションを取るにあたって齟齬が発生する確率が高くなります。

自社であれば頼みやすい仕事も他社にお願いする場合はいちいちお伺いを立てなければいけなくなります。その時間がもったいない!あと声優さんを自社(ヤオヨロズさんの親会社さん)でオーディションをするというのも好感が持てますね。

しかし自社で制作する場合は知名度がどうしても低くなってしまいがちなのでそこをいかにしてクリアするかが課題になりますね。

なかなか原作のない作品をオリジナルでやるのはハードルが高そうですね。 

いずれは制作会社が出資できるように

アニメ制作会社が儲かっていないのはギリギリの制作費でやっているという理由のほかに作品に関して出資ができていないのでリターンが受け取れないということにあるようです。いずれは制作会社が作品に出資して大ヒットした時に儲けられるようになりたいですね!

 

カドカワさんがいかにアニメファンさんに多くの作品を提供してくれているかが分かるリストです。

 

jin115.com

今季アニメ(秋アニメ)でKADOKAWAさんがかかわっていないアニメは1作品しかないという衝撃の事実!

ということは当然漫画作品も・・・ですよね。

 

 当初はKADOKAWAが一方的に打ち切ったという風潮が強かったですが、実態が明らかになっていない以上、ファンがこれ以上騒動を大きくしても何も得がありません。むしろサブカル業界全体に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。考えられる影響として

・漫画原作の販売数が不買運動によって目標に達せず、アニメ化が見送られる。

コミケなどの同人界隈の規模が縮小してしまう可能性がある。

上記2点の理由から漫画・アニメ業界を志望する人が減ってしまい、面白い作品が読めなくなる可能性がある。

こんな感じでしょうか。

  

なのでけものフレンズの件についてはヤオヨロズから正式回答があるまではこの騒動についての記事は書かないことにします。早く事態が収束してみんなが「たーのしー」と言える時が来てほしいです。