ホワイトなアニメ会社を作りたい!

今のアニメ業界をホワイトに改善したい!全世界にファンがある日本のアニメならできるはずだ!

【アニメ会社】自社ブログを作って広告収入を得る!

アニメ会社さんは常に予算不足で悩んでいます。

NHKのクロ現でも取り上げられましたし・・・ 動画マンは1枚200円前後の低単価、制作進行は働きづめの上に車の運転が必須・・・このままではいずれアニメ業界が本当に衰退してしまいます。

 

なので今すぐできる経営収支改善策として自社のブログを作ってそこに広告収入を貼るのはどうでしょうか。

 

pixivだってニコニコだって独自のコンテンツに広告を貼っています。収支は何とも言えませんが、ほとんどの会社は独自ドメイン(http://www.〇〇.co.jpのようなURL)を持っており、レンタルサーバー契約をしていると思うので、ワードプレスをインストールすればすぐにブログをはじめられます。そのブログに広告を貼って広告収入を得て、そのお金をアニメーターさんに還元したり、制作委員会に出資してリターンを得るようにすればいいのです。

 

※アニメ制作会社さんは現状、下請けとしてやっているため請負の制作費以外に収入がほとんどなく、どれだけアニメがヒットしても実入りはほとんどないのです。

少しでも出資しておけばアニメがヒットした時のリターンが得られるのです。

 

しかも幸いなことに一個人がブログを立ち上げるわけではなく、すでに名前が知られているファンの憧れのアニメ会社がブログを立ち上げるわけですから最初からそれなりのアクセスが望めます。独自ドメインとサーバーさえ持っていればその他の費用(掛かってもブログ用のレンタルサーバー代とドメイン代くらいです。)

 

コンテンツは版権ものを載せると大元がうるさいでしょうから自社の仕事内容や作業風景を掲載したり、社員のインタビュー記事を載せるといいでしょう。

 

元手が掛からない上にそれなりの収益を見込めるのでやらない手はありませんよ!

それにファンにとっては会社のブログを見るだけで支援ができるという嬉しいこともあるので全国のアニメ会社さんはぜひやってみてください。すでにブログを持っていらっしゃる会社さんはgoogle adsenseなどの広告ASPと契約して広告を貼りましょう。

そして収益がでたらアニメーターさんに還元してあげてください。製作委員会への出資も忘れずにお願いしますね。

 

※私はアニメ業界の経験は全くありません。ネットなどの知識をもとに自分なりの意見を述べています。万が一内容に誤りがあるなどありましたらコメントにてお知らせいただけると幸いです。

 

【報酬】アニメーターさんが報われるようになってほしい

アニメーターさんは大人気

なんでそんなことがわかるって?いう方もいらっしゃるかと思います。正直なところ自分はアニメーターの知り合いはいないので確実にそうだと言い切ることはできません。しかし過酷な現状を知ってもなおアニメーターを目指す方が後を絶ちません。人手不足で不人気な業界では起こりえないことです。

フォロワー数>フォロー数

絶対ではありませんが、有名な方のツイッターはフォロワー数がフォロー数をはるかに上回っています。(まれにフォロワー数とフォロー数がほぼ同じ方もいらっしゃいます)。ここで個別に紹介することは差し控えますが、ツイッターをされている方は検索バーで「アニメーター」と検索してその方のフォロワー数を見てみてください。きっとほとんどの方がフォロワー数がフォロー数よりもかなり多いと思います。

でも報われない・・・

過去の日記を見ていただけるとお分かりですが、アニメーターさんの給与は実力主義とは言え最初は仕送りor貯金を崩しながらの生活となるほどしかもらえません。少しは改善の動きが見られているようですが、実際はずっとこうしてやってきたんだし・・・と旧態依然の業界です。そうなるとせっかく実力があってもお金がなければその道をあきらめなければならなくなります。さらに年齢制限も厳しい(25歳くらいまで)ので状況によっては一生アニメを作る仕事に就けなくなってしまう可能性が高いのです。

個人でもアニメが作れる

コミケなどの同人イベントに行ってみるとたまに自主製作アニメを制作されている方がいらっしゃいます。デジタル環境の普及によって個人でも簡単にアニメが作れる時代に来ているのです。オリジナル作品であれば著作権は作った人のものになりますので有料配信ができれば、そこから収入を得て自分でアニメ作品を作る会社や組織を立ち上げていくことができるようになっていくと思います。

なんで無関係の自分が・・・

アニメ業界にこんな思いを持っているかというと、努力しているのに報われないことの辛さを実感しているからです。私はX年前に東海地方のある整備関係の会社に半年ほどおりましたが、そこではミスをするごとに怒鳴られ、サービス残業は当たり前なブラック会社でした。アニメーターの方も会社によっては人間関係に悩まされているかもしれません。ましてやみんなの癒しになるアニメを作っている張本人が鬱で仕事をしていたのでは本末転倒です。

アニメーターさんにお金が行き渡る方法を教えてください

たぶんこれは自分以外の方も強く思っていることだと思います。円盤(ブルーレイ)やグッズを買ってもアニメーターさんに還元されない現状は皆さんもご存知でしょう。ですのでアニメ会社の方でこの記事をもし読んでくださっている方がいらっしゃるとすれば、どうすればアニメーターさんが潤うようになるのかを教えてください。教えていただければその方法をファンの皆さんに拡散して協力していただけるよう尽力いたします。

【アニメ改革】一般人でもアニメ業界の実情は分かっている!

いい加減認めてほしいものである。

自分はアニメ会社に勤めたこともないし、趣味でイラストを描いてコミケなどで頒布しているくらいだ。それでもアニメ業界の実態はテレビなどを見て知っている。つまりアニメ業界の経験がない一般人にもバレているのである。

 

さてここで私が勤めてきた会社でブラック度ワースト1の表彰をしたい会社を紹介しよう。東証1部上場企業のグループ会社である。本社は関西地方の某政令指定都市である。

 

【H社でのサービス残業】

時はX年前、私は某政令指定都市のH社で部品メンテナンスの仕事をしていた。いやーこの会社がひどかった。ロクに仕事を教えないくせにミスったら怒鳴る・殴る(軽いけど)。挙句の果てに残業代もボーナスももらえない!結局その会社は5ヶ月で辞めました。

何が言いたいかというと、たとえ未熟であったとしても自分のやった仕事(時間)に対してはちゃんと対価が欲しいのである。それを定時を4時間も超えてタダ働きさせるY所長(アルファベットとイニシャルは一致しません)に絶望したものである。

 

【サービス残業の嫌悪から派遣社員へ】

このことがきっかけで正社員は残業代がもらえないということがすごく嫌になり、しばらくは派遣社員をしていました。幸い残業代がちゃんともらえる会社ばかりだったのでその点は助かりました。今は正社員に転職してますが、残業代もボーナスも一応出ます。

 

あの時のY所長に言われた言葉は忘れません。

「お前はスキルが低いから残業代は払えない。スキルを身に着けたら払ってやる」

この言葉で退職を速攻で決意しました。

 

【H社=今のアニメ業界】

結論はこうです。昔のH社が今のアニメ業界(昔から相変わらずだが)と同じ体質なのです。ちなみにこの会社は今後絶対に勤めたくない会社ワースト1です。ですので今のアニメ業界を見るとH社を思い出す、いわゆるトラウマになっているのです。

だからもうH社みたいな思いをしたくない。してほしくない!!

 

アニメ会社に就職するのは無理でも経営者としてアニメ業界の経験者や熱意いっぱいの若者を雇用して育てることはできると思っています。

 

ちょっと熱くなっちゃいましたね!

 

 

聖地巡礼アニメのメリットとデメリット

今はアニメの聖地巡礼が流行っていますね。

私はアニメじゃないけど東方(ゲーム)の聖地、橋姫神社に行ってきたことはあります。あと東方風神録で有名な諏訪大社も友人の車で秋宮と春宮4社を全部制覇してきました!

 

そんな聖地巡礼のメリットとデメリットについて考えていきたいと思います。

 

【聖地巡礼アニメのメリット】

・何といっても経済効果につながる!

アニメファンが聖地巡礼をすることで地元の旅館・観光物産展をはじめ鉄道・高速バスなどの輸送業にもプラスになります。

最近では企業とコラボしてラッピング電車を走らせたり、グッズを出したりして活況のようです。

 

・その地域の良さを知ってもらえる

アニメを見るまでは行こうとも思わなかった場所に行ってみることで新しい発見があるのです。僕も(アニメを見る前でしたが)茨城の大洗に1泊2日のキャンプに行ってきたいのですが、町中を上げてアニメ(ガールズアンドパンツァー)を応援している感じがありました。

それだけではなく、大洗は海産物がとてもおいしいのです。回転寿司ではランチ時で2000円も使ってしまいましたが、めちゃくちゃ美味しかった!

 

・もしかしたらその土地に移住してもらえるかも

実際大洗に移住した方もいらっしゃったようで、街の活性化につながっていいですね!

  

【聖地巡礼アニメのデメリット】

・ヒットしない(コケる)と悲惨

アニメがヒットすれば最高ですが、もしコケてしまうと町が活気づくどころか逆に閑散としてしまうかもしれません。特に千葉県K市は・・・

・なんで聖地巡礼アニメができたのか

もともとアニメ会社に予算がなく、会社の近くで地元の風景を撮影してそれをアニメに取り入れたのがきっかけらしいです。ということはアニメ会社が近くにない自治体(離島や遠隔地など)はなかなかアニメの舞台に選んでもらえないのかもしれません。

・地元と一体化してやらないと無理

もしアニメが大ヒットしてファンがその舞台を訪れたとしても地元の人に冷たくされたらどうでしょうか?私なら二度と行かないと思います。私が行った大洗と諏訪は地元の人と楽しくお話をさせていただけることでまた行ってもいいかな?と思えるようになりました。ただ営利目的でアニメをヒットさせてもうまくいくとは限らないのです。

 

私が聖地巡礼アニメを作るなら熊本県がいいなと思っています。

(熊本県は今まで私が行ったことも住んだこともない県ですが、ある理由で)

ちなみに私が2016年2月まで住んでいた荻窪はNEW GAMEの青葉ちゃんたちが勤める会社の最寄り駅の阿佐ヶ谷駅の隣の駅だったりします。

 

聖地巡礼アニメを作るのは難しいけどやってみる価値はあると思います。

【アニメ会社改革】動画マンを正社員で雇用する!

はじめに

私はアニメ業界の経験ゼロの人間です。でも自分が楽しく見ているアニメを描いている人が(同人などの趣味ではなくプロの仕事として)まともに生活ができない給料で暮らしているのがとても残念で何とかならないものかと思いながらこのブログを書いています。

 

前回、動画マン編を書きましたが、動画の修行を積んでやっと原画を書かせてもらえるのではないでしょうか。そうなると単価もすこーし期待できるかも・・・

 

そう思っていました。これを読むまでは。。

 

anond.hatelabo.jp

 

内容を読んでいくと、原画はあくまでも1カット当たり〇〇円という単価で、1カットの原画が40~50枚にもなると動画の単価よりも安くなる可能性が大いにあるということなのです。

 

もし上記のブログのように原画の単価が1カット4000円で、原画が40枚必要だとすると1枚あたり・・・100円!?

 

動画よりも安くなってしまいますね。レベルの高いサービスを提供してもらえるお金は半分・・ どういうことでしょうか? 身の回りのことで考えてみましょう。

・牛丼屋でうな重を頼んだら牛丼の半額(200円くらい)で食べられた!

・京都から新大阪まで新幹線を使ったら280円(普通運賃560円)で乗れた!

・焼肉食べ放題のコース、並が4000円、上が2000円、特上が1000円で食べられます!

 

まあすごいですね。こんな生活ができたらなんてすばらしいことでしょうか。

しかしよく考えてみてください。あなたがサービスを提供する側だったらどうでしょうか?

 

当然採算が取れないのでロクに給料がもらえないので自活できないということになりますね。上にあげた3つの例がおかしい!と思えることでしょう。

それが今のアニメ会社の現状だと思うのです。何せフルで活動しても最高で30万円/月くらいしかもらえないのですから(実際にアニメーターの女の子から聞いた話)

 

それでもアニメ業界を志望する若い人は後を絶たないそうですから、早いとこ現状が改善するといいですね。うな重や高級焼肉は高いけど美味しい、新幹線は高いけど速くて快適、アニメーターは大変だけどやりがいがあってそこそこ稼げるという世の中が早く来てほしいkogasanaなのでした。

 

ちなみにアニメ会社の中には工数管理を徹底しているところもあるようです。私は以前に営業管理の仕事をやっていたこともありそういった改善は大好きです。もっと環境を良くしたい。そんな気持ちでいっぱいです。

 

【給与】月収20万円て最低限の収入だと思うのだけど・・・

おはようございます。kogasanaです。

今日は会社から半強制的に有給を使って休めと言われたので家でゴロゴロしながらブログを書いています。

 

今の会社環境はとても恵まれています。

家から近い!

今年の4月から6月まで地元にいましたが、7月に辞令が出て今は会社の借り上げ社宅に住んでいます。うちの会社はケチなのか太っ腹なのかわからなくて、住宅補助は結構もらっているのですが、会社の営業所のすぐ近くに住まないとダメ(ようは電車代などの交通費がゼロになるようにしろということ)なのがネックです。今は正直都会とも田舎とも言えない微妙なところに住んでいます。でも買い物はそこまで不便ではないし、観光地で有名なところにも1時間以内で行けます。

ほぼ残業なし&残業代全額支給

以前の会社は月に残業40時間、ひどいときは60時間でした。しかも電車で片道1時間かけて通勤していたので、通勤時間を含めると100時間残業!? 今は会社のすぐ近くに住んでいるため通勤時間は片道10分、残業はあっても1日1時間程度です。しかも残業代は全額支給。ありがたいことです。一応ボーナスも出ます。

休みが多い

年間休日は108日がブラックかどうかのボーダーラインと言われていますが、うちは120日以上休みがあるので逆にもっと遊びに行きたいのですが、残業が少なく、残業代が稼げない(基本給が安い)ので休日は家でのんびりしています。お金がたまったらもっと休日をアウトドア派に切り替えていきたいと思います!

 

ここまでいうと自慢かよ!と思われる方もいらっしゃるかと思います。しかし年収はそこまで高くないのが現状です。それでもこれだけのメリットがあるのです。

 

【PR】

テキーラサンライズ!(テキーラとグレナデンシロップ)

 

 私、実はお酒造りに凝っていたことがありまして、テキーラサンライズというお酒を自分で作ったことがあります。作り方は簡単。グラスにテキーラと果汁100%オレンジジュースを適量とグレナデンシロップ(ざくろシロップ)をちょこっと入れて出来上がり。作ってみたい方はぜひ上の2つのテキーラとシロップをポチって、近くのスーパーで果汁100%オレンジジュースを買ってきて作ってください。簡単に作れます!

仕上がりはこんな感じです。見てみてください!

www.nico-bar.net

 

 さて話を戻します。

アニメーター(動画)で月収20万円は難しい?

これはとあるアニメ制作会社のQ&Aコーナーです。

http://bit.ly/2xCDUwV

 

さすが、アニメ制作会社!業界のシビアな実情をわかりやすく教えてくれています。

Q&A方式なのでアニメ業界に興味のある方は読んで損はないと思います。

読み進めていくとこんな質問がありました。

 

Q 動画のプロはいますか?

それに対するアニメ制作会社さんの回答はをまとめるとこんな感じ(全文は上のリンクから読んでください)

・アニメ業界には動画のプロはたくさんいるが、動画の仕事は9割が海外発注のため動画だけで食べていくのは厳しい

・動画の単価は200~220円で動画を描ける枚数が一人前になった人で500枚、最高で800枚なので動画マンは月収20万円以上を稼ぐのは難しい。(800枚で220円で17万6千円:これって首都圏の安い派遣の月収と同じくらいです)

・だから早く原画になってもっと稼げ!でも以前の記事で原画は1枚当たりじゃなくて1カット単位なので枚数が増えれば動画の単価を下回ることもあるって書いた(もちろんソースを調べたうえで)のだが、あれはなんだったのか・・・

・でも動画チェッカーは固定給(or作品プロジェクト単位の契約)。

 

なんかおかしくね!?

 

確かに動画は製造業で例えると現場作業(ライン作業)だし原画は生技(生産技術)で、絵コンテは設計って感じかな?たしかに現場作業って地味で給料安いってイメージあるよね。。

 

でもね!製造業はモノを作ってなんぼだし、アニメは動画を作ってなんぼでしょ!?

それなのに動画を軽視する、ましてや海外に丸投げなんて信じられない!

オトナの事情でそうせざるを得ないのであればすぐには改善は難しいと思います。しかし少しでもできることがあるならぜひアニメ制作会社さんには頑張っていただきたいと思います!

 

まずは動画マンが最低月収20万円を得られるようなシステムを作っていきたいと考えています。

【アニメーター改革】定額使い放題から高付加価値型へ移行せよ!

アニメーターに限った話ではないが、正社員というのは実に都合のいい言葉だ。

正社員じゃないと結婚できないとか一生賃貸のままだよとか実に無責任な言葉をいう人がいるものです。とくに団塊の世代とかいうおっさんども。団塊の世代じゃなくて「固定観念塊の世代」の間違いじゃないの(笑)?

 

アニメ業界に限らず正社員は定額使い放題という携帯やネット料金みたいな感覚でお考えの方もいらっしゃるかと思います。「毎月決まったお金を払えば使い放題なものなーんだ?」というブラックなぞなぞに取り上げられるくらい。

 

そのせいでスキルが高いのに「俺は正社員にならない。だって大変だもん」という男性の先輩がいらっしゃいました。私はいろいろ考えるところがあって一応正社員でやってますが、ちゃんと残業代や賞与、昇給のある会社なので嬉しい限りです。

 

もしアニメ会社がアニメーターを正社員で雇った場合、絶対に固定給を払っているからと言って毎日終電まで働かせると思います。今の現状なら下手をすれば業務委託のほうがマシなくらい(いやそれはないか・・・)

 

私が考える理想の正社員は固定給+付加価値課金です。

ようは毎月安定した固定給を支払うので安心して仕事に取り組んでほしい!それで会社が儲かったら頑張ってくれた分を還元するからってことです。これって表面上はこう謳っていても実際にやっていなかったり、制度が不明瞭な会社が多いと思います。私が以前アルバイトでやっていた会社もやたらかっこいい「プロフィットボーナス」という制度がありましたが、実際は社員がサービス残業の嵐だったのです!

 

せっかく正社員を雇うのであれば高付加価値型にしませんか?

最低限の固定給を払って後は成果に応じてボーナスを出す。雇われと経営者の中間くらいの立ち位置になります。こうすればただ安定を求める人は来なくなりますし、ビジョンをしっかりと持った人が会社を成長させてくれると思いますよ!